CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 波響さんの夷酋列像が。 | main | 少年と自転車@cinemadict >>
三上博史ライブ朗読「寺山修司からの手紙」@三沢。
0
    エミたんに会いに休みを取って三沢へ行く。
    出る前にアップルウェザーをチェックしたらば、
    三八上北が雨50パーで、傘と雨カッパを持たねば、
    と思いつつ忘れる。念の為、途中のコンビニでカッパ買う。
    昨日、日焼け止め買ったのにー。
    トンネルを数回抜けていくと段々にガスり、
    霧雨がさわさわと涼しく、南部と津軽の天気違い過ぎ。

    遅めに出たので11時半くらいに寺山記念館着。
    リハーサルは既に終了したようでちと残念だったり。
    東京からの熱烈な三上氏ファンの方達といつものように
    あーどうもーごぶさたですーな感じで、
    リハーサルはこうでああでしたよーとか話を聞く。
    ヘド同志でもあるので、森山は行きますかー?な話とか。

    12時も過ぎたので、出店コーナーで地元パン屋さんのパンを食い、
     
    三沢商業高校(だったかな(?))が開発したという
    "ごぼうあいす"
    "ごぼうチョコあいす"
    "長いもあいす"を高校生達が必死に売り込んでいたので
    ごぼうアイスを食べてみたり。うまうま。
    高校生と共に、ちびっ子が一緒に売り込みごっこしてて
    口が廻らないのか「長いもあいす」が「じゃがいもあいす」
    になって周囲爆笑してたり。

    記念館のトイレで歯を磨く。

    三上氏ファンのTさん達が前の席を取っておいてくれたので
    心遣いありがたく前へ。
    1部が、
    九條今日子さんと山形健次郎さんと佐々木英明館長によるトーク。
    山形さんは寺山さん主宰の学生の俳句同人"牧羊神"に参加した方で
    才能が無いので北海道に尻尾巻いて逃げたヒト(笑)らしい。
    九條さんが結婚してた頃の、寺山はつ対策要員(大笑)としても
    活躍されたヒト(笑)らしい。
    寺山が亡くなった時に葬儀に行けなかった山形さんが
    後日、花を持って行ったら、はつさんが
    「すんぢ(修司)は死んでません」と花を受け取らず困ったと話してたり。
    エイメイ館長が「牧羊神は"ぼくようじん"ですか?
    "ぼくようしん"ですか?」
    と問い、
    山形さんは「何々人(なになにじん)みたいな"ひと"を
    表す意味もこめて"ぼくようじん"と読んでましたね」であったり。
    「それはやっぱり、寺山さんが訛ってて"しん"より"じん"が
    云いやすかったというのもありますかね?」
    とエイメイ館長がなんとなく訛りながら質問してたり。
    九條さんと田中未知さんの本を読んだ上で
    寺山はつ話を聞くのが非常に面白かったり。
    そいえば、九條さんがいぼいぼのゴムボールをクッション代わりに
    背中にあててましたねぇ。

    2部が岡三沢神楽と舞踏の福士正一さんのコラボ。
    神楽の途中から白塗りのおっさんが意味不明にうろうろ(笑)
    後半、神楽の囃子方が二手に分かれて、
    ステージ上では神楽が続いてるのに
    もう一方は正ちゃんダンスと共に会場脇の紫陽花の辺りへ移動し、
    笛のおじさんが手招きするので「え?!これは来いってこと?!」と
    ハメルン笛吹き状態で観客の何人かがついてったり。
    正ちゃんは、あじさいに埋もれてみたり、
    棒切れ背負ってみたり。
    正ちゃんダンスが続く中、ステージ上の神楽チームが終わったらしく
    拍手が聞こえてきたり(笑) 
    正ちゃんを追いかけてきた観客はどうすれば?! 
    ま、時間差で終わった(笑) 

    いよいよ3部。 
    司会の大沢さんは相変わらず"デミセミクエーバー"と 
    "エミ・エレオノーラ"が云えてなかったり。 
    三上氏、茶のジャケットに紫のパンツに黒帽子ないでたちで 
    ジャケットの中には寺山記念館グッズのピエロ顔のTシャツ着てたり。 
    1部の時にエミたんが脇を徘徊してたのだけど、 
    出番になったら、アタマにアジサイ付いてたので 
    どうやら花を摘みに一旦出てきたと思われ。 
    三上氏、軽くお挨拶、関係者のどなたかだったかが亡くなられたので 
    「ちょっとご冥福を‥」と手を合わせてから朗読を。 
    特別展テーマが寺山の手紙とゆので、書簡集からの朗読を。 
    まずは書簡集の解説から始め、 
    三上氏がすごいのか、寺山さんが凄いのか、 
    展示されてる手紙やハガキを眺めてるとそうでもないのに 
    実際に読まれ、声に出されると、詩に聞こえるからすごい(笑) 
    中盤でエミちゃんが、寺山作詞の 
    戦争を知らずに育って嫁にいく二十歳のおんなのこの歌を 
    歌ったり。(タイトル覚えていない(笑)) 
    「これは‥正ちゃんも協力してくれるんだよね(^^)いいのかな?」と 
    舞台袖を覗くように顔を向ける三上氏。 
    歌が始まり、正ちゃん登場後、三上氏しばし引っ込む。 
    で。 
    正ちゃんが、正ちゃんがねぇ、 
    白塗りのおっさんがウエディングドレスという(爆笑) 
    ベールが垂らすというよりはこんもりと巻かれる感じで 
    ドレス姿なんだけど、アタマはなんかわたぼうし的にも見えたり。 
    エミちゃん同様にアタマにあじさいが。 
    そして、ブーケもあじさいで(大笑) 
    これ、ブーケトスしないかなぁ?と思ってたら 
    おもむろに後ろ向いて、‥投げて(笑) 観客まで届かず、
    前列のヒトの足下に落ちちゃったけど 
    観客に持ち帰ってもらえたのか?
    スタッフに回収されたのか? 
    ハスキーボイスのエミたんのボーカルと 
    正ちゃんの舞踏がもう絶妙すぎて、良かったー。 
    聞き覚えがあったので、前々回辺りにも歌った曲ではないかな。 
    三上氏、再登場して続き。 
    「これから面白くなるんだけどなあ。という事でラブレターを。 
    と云っても、九條さん、恥ずかしいから絶対に嫌だって云うし(笑) 
    代わりに、こんなラブレターだったんじゃないかな、というものを」 
    と、いくつか朗読したり。 
    1部の時に、山形さんが手紙を段ボール2個分保存してるとゆ話で 
    九條さんが「価値が出るから取っておけって寺山に云われたけど 
    わたしはそういうの、ほいほい捨てちゃう方だし」とか云ってたり。 
    寺山さんは海外に行くと、キレイな絵はがきを沢山買い込んで 
    はがきを出してたそうで、谷川俊太郎さん(だったか(?))は 
    寺山さんが死んだ後、随分経ってから 
    海外からハガキが届いた事があるそうで、 
    三上氏が「僕のところにも届かないかなぁって 
    ちょっと恐いけど、思ってるんですけど(笑)」 
    と、云ってたり。 
    そんな感じで。
    「来年は30年だし(没後(?))呼んでくれるのかなー? 
    エミちゃん歌ってるの聞いてたら僕も歌いたくなっちゃった」 
    とも云ってたり。
     
    終了後。 
    館内展示をうろうろと見る。 
    ロビーでは三上氏サイン入りCD"空には本"と"ザクロ"の売り込みを 
    エミちゃんがしてた(大笑) 
    ので、エミさーん(^^)と声かけて握手してもらう。 
    霧雨の中に3時間くらいいてたので、手が冷たくなってて 
    「手冷たいよ?大丈夫?ごめんね。いつもありがとう。」 
    と心配される(小笑)末端冷え性の変温動物なのでいかんとも。 
    エミちゃんの手がぬくかったので、 
    遠慮なくにぎにぎと温もりを頂いてきた(笑) 
    正ちゃんも白塗りウエディングのままで客や関係者といてたり。 
    「ブラジャーが云々」と聞こえてきたり。

    ぼちぼちヒトが帰り始めて 
    三上氏もファンからの花束を抱えて会場を後にして、 
    エミちゃんも着替えてキャリーバッグごろごろして 
    クルマに乗り込み、会場を後にし、 
    バス停でバスを待つお客さん達がにこにこと 
    三上氏とエミちゃんの乗るクルマに手を振り。
     三上氏ファンのTさんからテラシューを貰ったので 
    外であもあも食べながらTさん達と話してたらば、 
    九條さんがシミージーさんか誰かと 
    「人力飛行機が云々」と話してるのが聞こえ、 
    丁度、Tさんが十和田の美術館に行きたいとゆ話をしてたので 
    今、青森の県美に人力飛行機きてるんだよねーと話したら 
    九條さんがこちらを向き、 
    「あら。アナタ達、何食べてるの?」と聞き、 
    テラシューでーす(^^)」と答え、 
    何やらTさんが笹目さんと親しげなのもあり、 
    笹目さんの「カメラあるから九条さんと写真撮りなさい」とゆ 
    訳分からん号令のままに、 
    九條さんと三上氏ファンと一緒に写真を撮る、とゆ(爆笑) 
    しかし、カメラのヒトに誰も連絡先を教えてないので 
    この写真が焼き増しされて手元に届く日が果たして来るのか、 
    それが楽しみで仕方ない(大笑) 
    ヒトの縁がどう繋がるかちょっと楽しみかも。 

    Tさんら東京勢のバス乗車を見届けて、 
    食べ終わらないテラシューをヒトリ立ち食いしてると、 
    「あの、毎年いらっしゃってる方ですよね?」と 
    会場から15,20分程だという地元民な方に声をかけられ、 
    「東京の方だと思ってました」と云われる‥きっと髪型だなー。 
    持病があって東京まで行けないけど 
    地元で三上さんに会えて嬉しい、とか 
    三上さんが抱えてた花束はこの方がプレゼントしたものだとか 
    ちょこっとお話ししてきたり。 

     そんな感じの今年の寺山夏フェすであったり。
    小菅 麻起子
    二玄社
    ¥ 1,575
    (2005-12)
    コメント:朗読したのはこちらからかな。

    | げいじつ。 | 23:23 | comments(8) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:23 | - | - |
      コメント
      そんな事があったんね!(笑)
      | Kanan | 2013/03/09 5:51 PM |
      >Kananさん

      よくこのブログ見つけましたねー。
      通常追っかけ業務のお友達のとこしかリンクしてもらってないのに。

      ま、そんなことがありました。
      ようやっと寺山記念館春フェスティバルのチラシを入手して
      あーほんとーに5月に三上氏とエミちゃん来るのねーと思ってます。
      おかげで今年のGWは旅に出られない‥むむぅ。

      5/4、現地でお会いしませう。
      | あいるぽ。 | 2013/04/21 10:32 PM |
      >ブログ
      見つけちゃいましタ!V!

      >明後日のイベント
      実は、私事で、事情があって行けなくなっちゃったの
      皆勤賞だったのに、とても悔しくって本当に残念です
      なので、レポ、待っています!
      | Kanan | 2013/05/02 10:30 PM |
      ↑勢い良くレスをしてしまいましたが、(笑)↑私の事情はココだけの話でお願いしまス!
      | Kanan | 2013/05/04 11:55 AM |
      >Kananさん

      あ。
      すんまそん。
      三沢から帰宅後の今、5/2、5/4のコメント見ました(爆)
      某Tさんが「Kananちゃん来るって言ってたんだけどねー」
      と言ってたので「へー」と思っておりましたが。

      今日はレスキューシートもしくはツェルトが必要な
      極寒のイベントでしたよ、ええ。

      | あいるぽ。 | 2013/05/04 11:20 PM |
      ちなみに、今回は、スタッフのガードが固かったの・・?
      | Kanan | 2013/05/08 8:36 PM |
      >Kananさん

      実に今さらレスですが。
      別段、スタッフのガードふが固いという事もなかったような?
      エミちゃんとは普通に話せたし、
      ただ本当にお客さんが今まで以上に多かったので、
      実際に三上氏が記念館を後にしたのは閉館後っぽいですよ。
      | あいるぽ。 | 2013/05/26 9:46 PM |
      今更でもレスありがト!(笑ッ!)
      他の人が、
      なんだか2にレスってあったから・・
      千人だもんねぇ〜!
      そりゃそうだわぁ〜!
      | Kanan | 2013/05/27 9:03 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://tang2.jugem.jp/trackback/15
      トラックバック